読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スキルアップデート   BLENDERで役立つ操作

blenderのすぐに使える機能をアニメーションで紹介していくブログです

【blenderチュートリアル】ダイナミックペイント キャンパスにブラシ2【blender2.76】

入門チュートリアル  dynamicpaint

 

ダイナミックペイントで頂点に書き込むときは

必ずキャンバスのオブジェクトを細分化します。

頂点が少ないと描きたい形がうまくでないからです

f:id:takasaryo:20160407153505g:plain

左が頂点少 右が頂点多

キャンバスには頂点がたくさん必要にはなりますが

それに描くブラシのほうは頂点の数が少なくても変化なし

同じ滑らかさで描けます

 

オブジェクトを筆にしテクスチャをキャンバスへ塗る

絵を考えながら貼りたいという願望への対処は

テクスチャの貼り方をオブジェクトで決めるという方法

もありますがblenderではダイレクトペイントを

使って貼ることもできます。

 

この方法ではんこのようにテクスチャを貼ることが可能になります

筆となるオブジェクトへテクスチャを貼り、それをダイレクトペイントを使ってキャンバスとなるオブジェクトへ塗ることができればよいわけです。

 

①テクスチャをshadelessに

 ブラシとキャンバスのダイレクトペイントを

 それぞれのオブジェクトに設定したら

 ブラシオブジェクトのuse materialにチェック入れる

f:id:takasaryo:20160410155536g:plain

②キャンバスのマテリアルを設定

オプション(option)の

頂点カラーペイント(vertex color paint)にチェック

f:id:takasaryo:20160410155927g:plain

 ③再生(Alt+A)したあとブラシオブジェクトで

 描くように動かすとテクスチャが適応されている

f:id:takasaryo:20160410160229g:plain

④オブジェクトの表示をワイヤフレーム(wireframe)に変更し

 貼りたい絵をブラシ毎で新しくマテリアルを作り

置きたい場所に置いておくことでレンダリングすれば

デカールのように塗られた結果がでてくることでしょう

f:id:takasaryo:20160410170533g:plain

 

 

キャンバスとなるオブジェクトには頂点数が多い

ことの他にも頂点マップを必要としています。

 

頂点マップとはポリゴンを作る点がそれぞれ持っている

名前を利用してテクスチャなしでもオブジェクトに

色を付けられる便利なおもちゃです。

キャンバスを作ったら頂点マップを作ってください

f:id:takasaryo:20160407155139g:plain

 

頂点マップにはダイナミックペイントの他

頂点ペイントで利用します。

 

 次の記事

【blenderチュートリアル】ダイナミックペイント 描いた線からいろいろ出す01【blender2.76】 - 泣きながらBlender

単価の高い広告を自動で選択して配信してくれる!『忍者AdMax』