スキルアップデート   BLENDERで役立つ操作

blenderのすぐに使える機能をアニメーションで紹介していくブログです

blender  Freestyleでドット絵作り 輪郭線と下地塗

blender2.68

本日はblenderドット絵サイズの画像を作っていく途中経過の紹介です。

ドット絵は輪郭線と物それぞれの色と物個々の影

そして物を完全に無視したグラデーションからなる影によって

構成されています。

 

f:id:takasaryo:20131106065622j:plain

 

今回は輪郭線と下地の色を別のレンダーレイヤーで出力し

コンポジット合成していきます。

 

まずレンダーレイヤーをbetaとborderと名付け2つ作ります。(英日混合なのは覚えやすいからです)

f:id:takasaryo:20131106070059j:plain

 

まずは【Border】レイヤーの設定

これは輪郭線です

freestyleをレンダリングに反映する状態にしてからLinesetを作りExternalContourにチェックを入れます。

f:id:takasaryo:20131106070722j:plain

画像にLinesetが複数あるのは同じ輪郭線で線の色分けをしているためです。

 

次にLayerのタブを開きIncludeのSolidのチェックボックス

外します。(メッシュのレンダリングがされず線だけになる)

f:id:takasaryo:20131106071111j:plain

 

次に【beta】レイヤーの設定をします

Passesのチェックをすべて外してから、Colorのチェックをつけます。

f:id:takasaryo:20131106071342j:plain

 

するとマテリアルで設定した色をそのままオブジェクトの形に

塗りつぶしてレンダリングしてくれます

 

f:id:takasaryo:20131106072839j:plain

 

 

 

2つのレイヤーをコンポジットノードを変更して合成します

(ウィンドウの左下の絵からノードエディター)

Add→Input→Renderlayersをクリックしレンダーレイヤーを

2つに増やしカメラマークの隣のボックスをそれぞれbeta borderに合わせてからAdd→Color→Mixを選びます。

これは2つの画像を合成するノードです

f:id:takasaryo:20131106073643j:plain

 

これで輪郭線とべた塗りを1枚の画像にわけて出力することができました。 なんか元画像より白くなったので調整します

 

f:id:takasaryo:20131106074025j:plain

 

ほいっ

輝度変えただけなのになぜかアルファチャンネルが消えました

不思議ですね!

 

単価の高い広告を自動で選択して配信してくれる!『忍者AdMax』